今年度の計画に従い、もなかの火災を想定した避難訓練をしました。

参加は、当日利用している子ども達8名と支援する大人6名の14名が参加。

今回は、

①家屋が火災で避難しなければならない状態で、安全にすみやかに避難する方法を知ること

②町内会の「一時集合場所」を知ること

等でした。

もなかのある町内会の「一時集合場所」については、あらかじめ当該場所(日枝神社)に連絡をし、了解をいただき実施しました。

細やかな対応をありがとうございました。

「火災です!避難します!」に子ども達もすぐに行動でき、 ・押さない ・かけない ・しゃべらない ・戻らない ができていました。

日枝神社では境内にて、「学校や自宅だけでなくいつ・どこでどんな災害に遭うかわからないので、これからも安全に負傷無く対応できるように」と話しました。

これからも多様な場面を設定して、万一に備えていきたいと思います。

次回は、防災訓練を「防災センター」での体験を予定しています。

 

*保護者の方々へ

防災訓練・避難訓練についてのご要望、ご質問、ご感想等ありましたら、お聞かせください。

児童発達支援管理責任者

宮澤 正美