児童発達支援・放課後等デイサービス もなか

葛飾区の児童発達支援・放課後等デイサービス

めぐみのTOP

03-5648-7755

受付時間:平日 10:00~17:00

未分類

☆児発の子ども達の公園遊び

季節も飽きになり、朝晩は肌寒く感じることが多くなりました。

子ども達にとっては、日中は、公園遊びにぴったりの日が続きます。

先日は、天気も良くもなかから歩いて数分の所の公園に一緒に出かけました

。靴を履き替え、砂遊び道具をもって支援員と手をつなぎ出かける。

公園遊びは、子ども達が大好きですが、私たち大人も大好きであり、ワクワク、ドキドキです。

砂場遊びは、子ども達のこころとからだを含め楽しみながら、いろんな力を見せてくれます。

総合的な力で持てる力を発揮してくれます。

日中からだをしっかり使うことによって、しっかり夜眠れたり、成長ホルモンもしっかり出てくれたりします。

児童発達支援管理責任者

宮澤 正美

☆「ハッピーハロウイン」(地域のみなさん)のご協力に感謝です

先日、10月31日、もなかでは、放デイで「ハロウイン」の行事を楽しみました。

近くの高齢者総合相談センター新宿やお店(2店舗)の方々には、お仕事中にもかかわらずご協力いただきありがとうございました。

今回は初めて、もなかの外に出かけ、地域の方々にあらかじめご相談、準備をお願いして、快く対応して頂けました。

ハロウィン写真No.2

子ども達の言葉、挨拶、お店などの初めての対応を見ておりまして、真剣な眼差しと同時に、行事を楽しんでいる様子がよく分かりました。

しっかり挨拶も出来ていたと思います。

子ども達にとって、大変貴重な経験が出来ました。

後日、ご協力して頂いたお店等の方々にご感想やご要望等ありましたら、お伺いしようと思います。

もなかも新宿(葛飾)地区に支えられ地域に繋がり、地域の中で果たすべき役割があるように思います。

これからも宜しくお願いします。

無理しないで、普段の仕方で子ども達も地域を意識し地域の担い手になってくれたら大変うれしく思います。 IMGP0468

児童発達支援管理責任者

宮澤 正美

☆子ども達の送迎は楽しみ

子ども達を学校等にお迎えに行くことや途中までお迎えに行くことは、とっても楽しみです。

学校でのお迎えでは、私たちもなかの職員と目が合い「お帰り」というと表情がにこやかになり、

表情や動作、言葉で「ただいま」をしてくれます。

『学校』という場面からの気持ちの切り替えがのぞきます。

車に乗るととたんにしゃべりだす子やしゃべらないけど気持ちがほどけ、ホッとした表情の子等が見られます。

「給食で何を食べたの?」「プールで泳いだ?」等いろいろ今日あった出来事を聞きます。

学校であった事をその子なりに教えてくれます。

楽しかった事があるとずっと体験した事を教えてくれます。

子ども達とのやり取りはとてもワクワクどきどきタイムであります。

学校ともなかのほんの短い時間ですが、学校の事を本人なりに振り返ったり、気持ちを切替えたりする『つなぎ』の時間です。

とっても大事な時間です。

車での送迎は、単に場所を移動する『手段』ではなく、前の活動(学校や自宅)を自分なりに振り返りまとめて、

気持ちを【切り離し】次に繋げる大切なひと時でもあるのです。

 

学校で今日会ったこと、修学旅行のことや体育祭の事等 良く話してくれます。

時には、将来の『夢』も話してくれます。

歩きながらですが(交通安全に留意しながら)丁寧に聞くようにしています。

学校での活動の話、本人のこれからの希望、友達の事、等いろいろな話を聞くことが出来て

感動する事、子どもから学ぶ事がとても多いです。

児童発達支援管理責任者

宮澤 正美

 

 

☆お散歩で季節の変化を子ども達と探しています

過ごしやすい季節になりましたね。

もなかの散歩、公園遊びをしました。

もなかの子ども達は『異年齢』での外遊びをしています。

散歩しながら民家のお庭や道路の樹木や公園の草花等を観察すると、少しずつ季節が移ろってきている事を感じます。

子ども達にも関心を向けられるように私たち支援者も

『柿がなっているよ』

柿の実

 

『クレマチスの花のピンク色はきれいだね』

クレマチス

と、言葉掛けをするようにしています。

もなかの子ども達には、身近な見の周りの樹木や草花を通して、自然の変化、季節の移ろいを感じる事ができるとよいなあ、と思っています。

皆が遊んだ公園には季節はずれの『よもぎ』も生えていました。

よもぎ

小さい頃、母と一緒に摘んでよもぎ団子を作った思い出があります。

小さい頃の体験が積み重なりアヒルや猫、金魚の魚や小動物が好きになりました。

大人になった今でも、日本の四季の豊かさを今でも感じています。

民家の軒先のみかん

 

機会がありましたら、ご家族でもお散歩して『秋を感じる、発見する』のもこれからの時期ではないでしょうか。

児童発達支援管理責任者

宮澤 正美

 

☆柴又学び館《ゆうの家》にてドッジボール~7月31日

7月最後の日。

ここのところ毎日、酷暑が続きます。

熱中症にならないように水分の補給や余裕を持った活動をしています。

車2台に分乗して「ゆうの家」の体育館でドッジボールをしてきました。

活動する前に、水分補給。

まず、準備体操。

学年を考慮してチーム分け。

体育館の中は、冷房、除湿が効いていてしっかりゲームに集中していました。

一人ひとりの子ども達のボールの投げ方や受け止め方、

ボールの避け方等の違いもまた、それぞれでしたが、

皆の真剣さやゲームを楽しんでいる様子がとても良かったです。

ボールを避ける力やボールを投げる時の体の使い方、

動くボールを受け止める力等とても逞しく、持てる力を発揮していました。

暑い夏休みに快適に過ごせて有意義な時間を持てました。

 

また、「ゆうの家」の受付の人も感心するほど、元気に挨拶が出来ていました。

良かったですよ。

帰るときには、「今度は、サッカーをしよう」との要望が出ていました。

また、行きましょうね。

 

今回、初めてボランティアで来ていただいた区立中学2年生の女子も一緒に参加して大いに盛り上げてくれました。

もなかの子ども達はボランティアの方にとってどうでしたでしょうか。

もう1日あります。後で、感想を聞かせてくださいね。

ご苦労様でした。

児童発達支援管理責任者

宮澤 正美

新年度スタート!

新年度がスタートし、早くも数日が経ちました。

無事新年度を迎えることが出来ましたのも、関わって下さる皆々様の暖かく心強いご支援、そして毎日元気に、楽しみに通ってきてくれている子どもたちのおかげに他なりません。只々感謝の気持ちでいっぱいです。心より厚く御礼申し上げます。

今年度も1日1日を大切に、愛と笑顔でいっぱいの空間にしていきたいと思います!

どうぞよろしくお願い致します

 

 

***********

もなかでは随時見学・体験を受け付けております。

気軽にメールまたは電話にてご連絡下さい。お待ちしております!