新宿地区の農家に行き、ねぎの収穫体験をする予定です。

今年の夏の枝豆収穫に続き、2回目の体験申込みです。

 

子ども達にとって収穫の直接体験は

①身体や手指を使って土に触れられる

②普段食べている野菜等を身近に観察できる

③農業に携わっている人たちの苦労、大変なこと等を知ることが出来る

④調理してあるもの、切ってあるもの、きれいになっているものではなく、土の付いた自然のままのものを体験が出来る等があります。

小学生や中学生、高校生時代は、いろいろな自然な、新鮮な体験を通して学ぶことがとても大切なものであると思います。

 

葛飾区の広報、お知らせ等を欠かさず見るようにしています。

「こんな体験が良かったよ!」というものがありましたらお知らせください(^^)/

yjimage

児童発達支援管理責任者

宮澤 正美