季節の草花について通勤途上や買い物等のときに、公園や学校、民家等で季節の移り変わりを感じるのが好きです。

 

私も、子どもが小さいときに、家族で出かけるときに「○○の花が咲いているね」等、子どもに語り掛けていました。

生まれも育ちも農村地帯の農家でしたので、野菜や果物を育てたり、鶏や蚕、アヒルを飼ったりしていました。

アヒルに毎日餌をやり、小川に連れて行き、泳がせました。

卵を産んだ時はなんともいえない喜びを感じました。

始めて産んだ卵は「宝物」でした。

果物の木を育てるのも大好きでした。

美味しい柿や梨が育っていく過程と収穫して食べた味は今でもよく覚えています。

家族も大家族で祖父や祖母から教えられるものが沢山ありました。

身近な生活に果樹や草花、小動物、等を育てる体験があり、生命に対する感動や畏敬の念が育ったように思います。

 

今の子ども達の生活環境は随分変わってきましたが、

草花や動物を育てることの喜び、ワクワク、ドキドキ感、育てる為の基礎知識や育てる厳しさが必要な事等体験できる機会が少なくなってきたのではないでしょうか。

命を育み、育ちあう関わり合いはとても貴重な「宝物」でした。

第一次産業(農、林、水産)の体験も出来るところが増えてきているように思います。

お子さんと一緒に体験するのも良い機会になるのではないでしょうか。

児童発達支援管理責任者

宮澤 正美