先日(19日)、子ども達同士で大きな活動のひとつであるポートボールを2組に分かれて対戦しました。

 

ここで大切にしていることは、

①小学生から中学生までの男女を含めての異年齢集団でのチームで対戦する。

②ルールに添って対戦する。

③瞬発力やボール、身体の操作、等の力を身に付ける。

④ゲームを楽しみながら持てる力を発揮する、等があります。

 

ポートボールの回数が少ない子等の場合は、まだ、ルールが身に付いていなかったりして

夢中になるとルールを忘れてしまったりすることがありますが、

経験を積む中で対応力やスポーツマンシップ、フェアプレイ精神等の力が付いてきていますね。

今のサッカやテニス等のスポーツを見ていて本当に大切な事だと思います。

yjimage[3]

 

もなかの子ども達は、公園や学び交流館等での身体を使った活動が大好きです。

屋内での相撲等でも本当によく身体を動かしています。

 

先日も中学生の男子と相撲を取りましたが、足腰や体幹の力が付いてくると「粘り腰」になってきますね。

負けると「残念」、「もう一度」と言って、何回もチャレンジしてきます。

sumou

いつも子ども達が「しなやかで逞しい」からだに育って欲しいと思っています。

キャッチボールの好きな利用者もいます。

支援者(大人)の私のキャッチボールの多様性と質が問われています。

楽しみです。

児童発達支援管理責任者

宮澤 正美