保護者の方々も新聞やテレビ等で連日見ていると思いますが、

『新型コロナウイルス』が世界で、日本で毎日感染者が広がっています。

葛飾区福祉部から、もなかにも事務連絡がありました。

また、「広報かつしか」でも、

「対策のポイント」

①流水と石鹸での手洗い

②咳エチケットを守ったり、マスクを着用したりする

と書かれています。

葛飾区福祉部からの内容は、以下の3点です。

通常の感染症対策を徹底してください。

(手洗い、マスクの着用等)

1、中国から帰国した児童、保護者等につきましては、

帰国後2週間は、保護者との連絡を密にし 厳重な観察を行うよう指導して下さい。

2、武漢市からの帰国者等で咳や発熱等の症状がある場合には、

あらかじめ医療機関に連絡の上、速やかに受診するように保護者に促すとともに、

施設長の判断により、登園を控えていただくよう協力を求めることが適切と考えます。

 

もなかでも、感染しないように手洗いやアルコール消毒をしています。

個人として、他に気を付けていることは、

基本的にインフルエンザ対応と同じように

①睡眠を良くとる

②食事の栄養等のバランスに気を付けて三度の食事をとる

③うがいをしたり漱ぎをして、口やのどを乾燥させない(白湯で)

等をしています。

もし、万一新型コロナウイルスに感染しましたら、もなかにご連絡ください。

児童発達支援管理責任者

宮澤 正美